失敗できないアパート経営は大家の自己責任と行動するかどうか

アパート経営は大家の自己責任と行動力で始められる。始める限りは失敗できないアパート経営を調べる。

利回り10%ってどんな意味?アパート経営ではいくら儲かる?

 

利回り

 

といったら、表面利回りもあるし、実利回り(直接利回り)もあって、どっちを記載している広告なの?

 

ってことは、あまりないかもしれませんが、覚えていて損はないと思います。

 

 

どっちを参考にすればいい?

通常、広告などでは表面利回りを記載していることが多いと思います。

 

利回り10%!

けっこういいように見えます。最近は10%回る物件は少ないと思いますが・・・

 

利回りとは?

簡単に書きますと、投資額からの収入額を比べた指標です。

 

利回り10%では、100万円の投資では、1年間に10万円の収入があるということです。

 

100億円の投資では、10億円の収入!

 

1%で考えてみても、金額が大きいとその分収入も大きいですね。

 

表面利回りとは?

買った不動産価格の何%かということです。

 

土地付きのアパートを1000万円で買ったとした場合、収入が年100万円ですと、表面利回りは10%です。

 

 

利回りには注意がひつようです

たとえば土地付きアパート1000万円。利回り10%。という広告があったとします。

 

不動産には、購入時、登記料、印紙代、仲介料、取得税、ローン費用、利息などが必要です。

 

その必要な経費分を考えないで、単純に不動産価格の何%が収入になるか記載しているのです。

 

土地付きアパート1000万円、その他にかかる費用、毎年の費用が合計250万円かかったとします。

 

その場合の本当の利回りは、収入年100万円÷1250万円=8%となります。

 

いかがですか?

 

必要な経費を足して計算しますと、8%になり、不動産価格だけで考えた利回りと比べると2%の違いがあります。

 

1000万円×2%=20万円なので、年間、20万円は入ってこないわけです。

 

こちらの、必要な費用までを含めて利回りを計算したものを直接(実)利回りと言います。

 

数字は別として記載例でよく広告で見るのは、利回り10%などの表示です。

 

さらに親切な場合、固都税(固定資産税・都市計画税)何円、アパートローン利息何%、管理費何円などと必要な費用を記載してくれている場合もあります。数は少ないと思いますけど。

 

まとめ

利回りが記載してあったら、見極めて判断するようにしましょう。

 

そして、広告に記載されている内容ではよくわからない場合には、電話で聞いてみましょう。

 

利回りが高ければ収入が増えますが、直接利回りで考えなければなりません。

 

当然、利回りだけでなく、実際の収支を計算しなければならないのは言うまでもありません。

 

思ったよりも年間の費用がかかると、収入があっても支出が多くなってしまいます。

 

また、まわりの物件の利回りと比べて高い利回りの場合は、注意が必要です。

 

早く売りたいなどの事情があるかもしれませんし、ほかの物件よりも興味をひかせる必要があるのかもしれません。もしかすると、マイナスの要素があるために売れるように設定している可能性も否定できません。

 

不動産を購入する場合には、どういった物件なのかをよく知ってから購入する必要があります。マイナス要因がないかよく調べてから購入しましょう。

 

利回りの表示には注意して判断してください。

 

※記事を書いた管理人の言葉で記載しています。正確な定義とは異なる場合がありますので、自己責任でご覧ください。 

 

自分でも利回りの使われ方を探してみる。

そう感じたら、すぐ、アパート経営関連の公式サイトを参考にしてください。

なにか得ることができる知識があるかも!?