失敗できないアパート経営は大家の自己責任と行動するかどうか

アパート経営は大家の自己責任と行動力で始められる。始める限りは失敗できないアパート経営を調べる。

アパート経営と【団体信用生命保険】との関係?

アパート経営を考えるとき、そのときあなたは自分のことよりも家族を大切に考えているのではないでしょうか?

 

当然、家族を養わなければならないなどの理由はあるかもしれません。

 

でも、これから先に家族に資産を残してあげたい!

自分がいなくなったあと、家族が苦労せずに生活できるように仕組みづくりをしたい!

ということをお考えだったのではないでしょうか?

 

アパート経営をすれば生命保険は必要ないのか?

もしものために生命保険に加入しているひと多いと思います。

でも、アパート経営をすれば生命保険のかわりになることを知っているでしょうか?

 

それは、「団体生命信用保険」に加入するからです。

やっぱり生命保険のことではないのか?

もう少し説明させてください。

 

アパートを経営するとき、銀行ローンを利用すると思います。

この記事では、銀行ローンを利用し、「団体生命保険」加入することが前提です。

アパート資金を現金で賄う場合にはあてはならないのでご注意ください。

 

このアパート経営をするために銀行ローンを利用した場合、「団体生命保険」に加入することになります。(事例によっては、ローン利用でも加入しない場合があるのでご注意ください。)

 

この団体信用生命保険はどういったものなのか?

住宅ローンをご利用の方はすでにご存知かもしれません。

住宅ローンを利用する場合、「団体信用生命保険」に加入することがほとんどだと思います。

 

この団体信用生命とは、債務者が万が一(死亡)の場合、ローンの残債をこの保険を利用してまかない清算する仕組みなのです。

 

つまり、アパート経営においても、オーナー様に万一のことがあった場合、ローンの残額は生命保険によって完済され、ご家族には無借金のアパートと毎月の家賃収入が残ることになります。
もちろん、アパートを売却してまとまった金額を受け取ることも可能です。

 

そのため、個人的に生命保険に加入しなくても、アパート経営そのものが生命保険の役割を果たすことができるのです。

 

アパートのオーナー様に万一のことがあった場合は、「団体信用生命保険」でご家族への資産が残ります!

 

こういった利点があるのが「団体信用生命保険」なのです。

 

万が一のお話は、あまりしたくないのが本音かもしれません。

でも、しなければならない、備えておかなければならないお話でもあると思うのです。

 

アパート経営のシノケンなら担当さんとじっくり相談できます。

些細なことでも担当さんに率直に聞いてみることが大切です。

疑問点はあらかじめつぶしてからアパート経営に乗り出しましょう!

 

「シノケン」の公式サイトはこちらです。

シノケン